2022年10月3日月曜日

第6回コミュニケーション委員会

 令和491日(木)1830より、第6回コミュニケーション委員会を開催いたしました。今回は当委員会のメンバーである開山さんのお店「割烹 開山」にて移動委員会を行いました。

 
冒頭、奥山副会長、鶴戸委員長からご挨拶を頂いた後、今回初めての参加となる芳賀委員と阿部委員より事業内容を含めた自己紹介をしてもらいました。


 


その後、政策提言委員会からは渡邉副会長と佐藤副委員長にお越しいただき「伊達な風会議」の事業PRを、ビジネス委員会からは中野委員長にお越しいただき「プロダクトイノベーションを起こす!~デザイン思考を用いた新サービス開発ワークショップ~」の事業PRを行ってもらいました。

 








その後本日の議題へと移り、10/2(日)に実施する「家族DEあそぼう交流会 in  近所にある夢の国」についてのディスカッションを行いました。前回の委員会時に決めたアトラクションについての詰めの話し合いや役割分担を決め、来月実施する事業に向けて着々と準備を進めました。

最後に1月に実施予定の新年会についてOBを含めた何らかの交流をするという方向性を決めて会議は終了しました。


 


会議のあとはそのまま開山さんのお店で懇親会を行い、割烹料理をいただきながら委員会メンバーで親睦を深めました!



2022年9月28日水曜日

第6回政策提言委員会

9月6日(火)第6回政策提言委員会が仙台商工会議所3階役員室で行われ、16人が参加しました。

冒頭、コミュニケーション委員会より102日開催の『仙台YEG 家族DEあそぼう交流会 in 近所にある夢の国~』にについてPRを行って頂きました。

 今回の委員会では930日に行われる『伊達な風会議2022』の当日運営についての確認を進め、円滑な会議になるように委員が活発に意見交換を致しました。

また、本委員会の目玉行事であります政策提言の方向性についても具体的なテーマが搾られてより具体的な議論が進んでおります。

今回は特別に委員会後にファシリテーション講座を開催いたしました。伊達な風会議の当日は我々が1名ずつ各テーブルに入りそのテーブルの議論が円滑に進むようなお手伝いをします。活発な意見交換の場にするためにはどうしたら良いかを色々と学ばせていただきました。


参加者の皆様に有意義な時間を過ごしていただける『伊達な風会議』になるように良い準備が出来た委員会となりました。

懇親会は伊達な風会議の懇親会でお世話になる『伊達なおもてなしDUCCA仙台駅前店』にお邪魔し下見をしながら楽しく懇親を深めさせていただきました。

2022年9月27日火曜日

第41回東北ブロック大会岩手いちのせき大会

9月9日~9月11日、岩手県一関市にて、第41回東北ブロック大会岩手いちのせき大会が開催されました。


 大会会場までバス移動の旅となり、仙台YEGからは41名(内OB4名)が参加しました。

 



 10日、一関文化センターにて記念式典・記念講演が行われ、記念式典の紹介の際、仙台YEGは新考進展のコールでPRを行いました。分科会では一関市における
SDGsの取り組みやソウルフードの歴史を学び味わう企画など、地元の特産を活かした催しが開催されました。



大懇親会では、会場を盛り上げる様々なステージ企画があり、また、次年度のブロック大会、青森むつ下北大会のPRもありました。

 会場は大会参加者が一堂に会し、その人数に圧倒されながら有意義に交流を深めることができました。

二次会会場では仙台メンバーで、その日の思い出とともに親交を深め、翌日のエクスカーションに胸を躍らせながら楽しいひとときを過ごしました。

 11日は、館が森アーク牧場のエクスカーションに参加し、自然の魅力を体いっぱいに感じながら、美味しいバーベキューを楽しみました。


 大会に参加された皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました

2022年9月22日木曜日

6回渉外委員会委員会報告

  日: 令和492日(金)

開催場所: 定禅寺へそのを

参加人数: 17

6回渉外委員会が令和492日(金)19時から、定禅寺へそのを にて開催されました。

はじめに佐藤副会長、竹中委員長から、それぞれご挨拶をいただきました。


まず、比嘉副委員長から役員会報告がありました。

次に、政策提言委員会より「伊達な風会議2022」について齋藤副会長、金野副委員長よりPRを行っていただきました。

そして、ビジネス委員会より「デザイン思考を用いた新サービス開発ワークショップ」について中野委員長、高崎副委員長よりPRを行っていただきました。


最後に、東北ブロック大会 岩手いちのせき大会の旅程を確認し、当日のアテンドの方法などを協議しました。


その後、来週の東北ブロック大会に向けて、懇親を深めました。



プロダクトイノベーションを起こす!~デザイン思考を用いた新サービス開発ワークショップ~

令和4年9月12日()、佐松ビルスタジオ1951にて新規事業「プロダクトイノベーションを起こす!~デザイン思考を用いた新サービス開発ワークショップ~」を41名の会員にご参加頂き開催致しました。


当事業はデザイン思考を用いた新サービスの開発に必要な考え方や手法を学び、今後のビジネスでイノベーションを巻き起こすきかっけを作って頂く事を目的としたもので、INTILAQ東北イノベーションセンターセンター長佐々木様にファシリテーターを務めていただき、ワークショップ形式で実施いたしました。










6人前後のチームに分かれ、「ビジネスパーソンのプライベートをより充実させる新商品」の開発をテーマに、デザイン思考を学びながら実際に試作品まで作成し、最後は寸劇形式で新商品を発表致しました。




終始楽しく賑やかな雰囲気の中、約3時間のプログラムはあっという間に終了致しました。

 

長時間ファシリテーターを務めて頂き、多大なるご協力を頂きました佐々木様、そして

ご参加頂きました皆様本当にありがとうございました。




第6回ビジネス委員会

開催日 : 令和4年9月8日(木)

開催場所: 佐松ビル スタジオ1951

参加人数: 14名(リアル参加:14名、Zoom参加:0名)


1830より第6回ビジネス委員会を開催しました。

 

冒頭 政策提言委員会、渡邉副会長より「伊達な風会議2022」の事業PRを、続いてコミュニケーション委員会、鶴戸委員長、大友副委員長より「家族DEあそぼう交流会」の事業PRを行っていただきました。



委員会開催に先立ち、守川副会長、中野委員長のご挨拶から開始をいたしました。



続いて中野委員長より役員会報告がおこなわれたあと、4日後に行われる9月事業、「プロダクトイノベーションを起こす! デザイン思考を用いた新サービス開発ワークショップ」についてリハーサルを行いました。高崎副委員長進行のもと、事業会場にて各委員の役割の最終確認を行い、シナリオの進行方法、備品、立ち位置等の最終協議を行いました。



事業会場で綿密なリハーサルを行えたことで、参加委員の意識向上につながりました。


委員会終了後は、天ぷら酒場 ててて天 一番町店さんで、美味しい料理をいただきながら懇親を深めました。



守川副会長のホットな話題を中心に、4日後の9月事業に向けて一致団結できたいい機会となりました。



2022年9月18日日曜日

第6回研修委員会

 

開催日:9月6日(火)

開催場所:佐松ビル2階 ZOOM併用

会議名:第6回研修委員会

参加人数:18名(内ZOOM4名)

 

9月6日(火)

第6回の研修委員会を開催致しました。

冒頭、桑原副会長からご挨拶頂き、佐々木委員長より役員会報告を頂きました。



まず初めに細野委員、安齋委員からプロフィールシートの発表がありました。

お二人のことをより深く知ることが出来ました。




 その後月国内視察研修事業及び、海外研修事業について協議が行われ活発な意見が飛び交いました。

 



 

未だ続くコロナ禍や海外における紛争など、立ち向かわなければならない問題は山積みですが、

決して歩みを止めることのないように活発な議論をこれからも続けていこうと思います。

 

 

 

次回は10月4日(火)に仙台商工会議所3階にて開催予定です。

次回委員会もコロナ感染対策を講じ、ZOOM併用にて行います。